こどもたちの未来とつながろう
「第21回写真家達によるチャリティー写真展」

flyer (1).pdf
2017年12月8日(金)〜12月10日(日)11時〜19時30分(最終日18時まで)

MGG(光村グラフィックギャラリー)
東京都品川区大崎1-15-9光村ビル1F

展示方法:額装 作品2L判 約400点を展示
販売価格:1点 ¥10,000 (額共)
方式:お買い上げの作品は、その場でお持ち帰りいただきます。

寄贈先:DAYS被災児童支援基金 (www.shienbokin.net) /
    日本国際ボランティアセンター (www.ngo-jvc.net)
企画・運営:フォトボランティアジャパン基金
■イベント■
12月8日(金)18:00〜19:30 開会レセプション
写真家と協力者、チャリティーの意義を理解して頂ける方々と
懇親を深める楽しいレセプションを開催します。

   ■ギャラリートーク■(参加費無料・申込不要)
12月9日(土)14:00〜15:00
「DAYS被害児童支援基金の活動について」DAYS被害児童支援募金
DAYSJAPAN編集長  丸井 春

12月10日(日)14:00〜15:00
お茶を飲みながら、現地おもてなしの文化とともに
「アフガニスタンに平和を!平和と非暴力の学び合いの活動」
日本国際ボランティアセンター(JVC)
12月10日(日)15:00〜16:00
「震災から6年9ヶ月、気仙沼は今」日本国際ボランティアセンター(JVC)

ご協力頂いた参加写真家は、135名 作品点数は、447点
PVJ2017出展者01.jpgPVJ2017出展者02.jpgPVJ2017出展者03.jpg

チャリティー写真展に賛同して頂けるプロ写真家への作品募集の応募要項ができました。
写真家達によるチャリティー写真展は、会場で写真作品の即売を行い、売上金を国際支援団体に寄付する社会貢献活動です。本年度の収益金は、「DAYS被災児童支援募金」(保養プロジェクトの子どもの食費)「日本国際ボランティアセンター」(アフガンの平和教育と気仙沼の子ども達への漁業体験)の2団体へ寄贈します。
また、多くの方に支援の関心を持って頂けるよう、会場では即売会に加え、寄贈先団体のによるギャラリートーク等、イベントを開催予定です。
プロ写真家の皆様、作品提出とともにボランティアでのご参加もお待ちしています。

image101.jpg

  • ●参加申込、作品提出は、2017年11月17日必着
  • ■出展作品について
  • 2Lプリント作品2点〜5点。銀塩プリントに限らない
  • すべて絵柄の異なる作品。作品にサインの必要はありません。
  • 過去にご参加頂いている皆さんには、随時発送しています。
  • 新たに、参加希望のプロ写真家の皆さんには、
  • メールにてお問合せ頂ければ、応募要項をお送りいたします。
  • LinkIconinfo@photovolunteer.org












東日本大地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
被災された皆様、そのご家族の方々に、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

只今、webサイト「PVJ-元気の写真力を立ち上げて、
写真家達による被災者を応援する写真メッセージを贈っています。